老後を過ごすということ 老後の話 老後の生活1 老後の生活2 高齢者向け賃貸住宅

>>お問い合わせ  

5.高齢者向け賃貸住宅

有料老人ホームは今やすっかり私達にとっても馴染み深い存在になっています。このように私達にとって今やとても身近な存在となった有料老人ホームは、同時に老後の生活について考える際、住む場所や生活のスタイルの一つとして、誰もが思いつくようなごく普通の選択肢になりつつあります。以前は有料老人ホームと聞くとちょっと遠い、敷居の高そうなイメージがありました。ですが今や有料老人ホームは決して私たちにとって遠い場所ではなくなっています。また有料老人ホームを含めた老人福祉施設には、実にたくさんの種類が存在しています。老人福祉施設には、それに関わったことのない人には想像もつかないくらいバラエティーに富んでいて、喩えとしては適切でないかもしれませんが、私達が例えば昼食に何を食べるかを考えて選ぶのと同じように、数ある老人福祉施設の中から自分に合ったものを選ぶことができるのです。当然ながらそれらの老人福祉施設の中から一つを選ぶ場合は、実際にそれらに入居する高齢者の健康や介護の状況や、或いは老人福祉施設の施設や設備、それにそこで提供されるサービスの種類や形態に沿って選ぶことになります。そして各老人福祉施設、有料老人ホームを選ぶ際には、それぞれの特色やメリット、デメリットを知ったうえで、最終的に相応しい老人福祉施設、有料老人ホームを選びましょう。せっかくの老人福祉施設、有料老人ホーム選びですから、そこで失敗しない、後悔しない選択をしてほしいものです。そうすることで老人福祉施設における健康で快適な生活を送る第一歩となると言えます。
ところでこのように実にバラエティーに富んだ有料老人ホームですが、私達がその中でも比較的よく知っていると思われるのが特別擁護老人ホームや有料老人ホームです。ですが当然ながら老人福祉施設はそれだけではありません。今後これらに次いで、老後の住まい方の新たな選択肢の一つとなって定着、浸透していくであろうことが期待されているのが、高齢者向けの賃貸住宅と呼ばれるスタイルです。現在の日本ではその建設、浸透はまだまだ始まったばかりと言え、従って絶対数がまだそれほど多くありません。ですが現在徐々に増える傾向にあり、そこで高齢者に対して提供されるサービスも質量共に充実しつつあります。

この高齢者向けの賃貸住宅とは、意味するところはそのまま、そこに入居者を高齢者に限定した賃貸住宅です。その名を略した通称「高専賃(こうせんちん)」という呼び方もあります。こうした高齢者向けの賃貸住宅は各都道府県で「高齢者専用賃貸住宅」として登録されていますが、詳しく知りたいという方は関連のホームページや情報パンフレット等をご覧になるとよいでしょう。そうした情報にはこの高齢者向けの賃貸住宅に関して、家賃や前払い家賃の金額等は勿論、共同利用の食堂や浴室等の設備の有無等について、決められた情報を公開しています。またこれらの高齢者向けの賃貸住宅は高齢者専用ということが何といっても最大の特徴で、高齢者に優しい様々な設備が用意されています。ですが高齢者専用ということ以外には特に規定はないので、例えばバリアフリーの有無、高齢者向けのケアサービスの有無といったところで、各住宅によって若干の違いがあります。また高齢者専用と言ってもあくまで賃貸住宅ですので、一般の賃貸住宅と同じで入居条件や費用等は賃貸住宅の事業者によって異なります。また高齢者向けの住宅と言うことで、自ずと介護保険と関わってくるものもあります。これらの高齢者専用賃貸住宅の中には、介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受ける要件を満たしているものもあります。そうした高齢者向け賃貸住宅は「適合高専賃」とも呼ばれ、その中身は実質的に介護付きの有料老人ホームに近くなっているケースもあります。そうしたケースを除けば、勿論介護サービスも受けることができます。但し介護サービスはあくまで高齢者個人の希望によるもので、その場合介護サービスは賃貸住宅とは別契約となります。

check

Last update:2016/5/25